2005.11.06
V.A.「CAM RECORDS」NEW TRACKS & BEST TRACKS
“セルフライナーノーツ集”

※メッセージの掲載順は「V.A./CAM RECORDS」の収録順とさせて頂きました。ご了承下さい。

PEACE!!
PEACE!!(堂園 博之)
■ サヨナラバス(NEW TRACKS / Tr.1収録)
玄関先の隅っこに立てかけてある1本の傘。ふと目に入り思い出す舞台は、雨が降るバスの停留所。
「濡れて帰るから。」と強がる僕に、「使えばいいよ。」とおいてきぼりの傘と僕。
1本の傘を軸に、別れの瞬間を綴る曲。


■ 君からもらった僕らしさ(NEW TRACKS / Tr.2収録)
この曲は、ライブハウス【岡崎CAM HALL】に捧げる詩。
今、僕が掲げる全ての想いや言葉は、大切な友達や仲間からもらったものなんだ。
愛をくれた人達に、愛で応えたいと思う。そんな僕を「誇りだ。」と言ってくれるから、いつまでも君の誇りでいたいと思う。
だから今日も君からもらった僕らしさを掲げて、目の前の壁に立ち向かうんだ。


■ キセキ星(BEST TRACKS / Tr.1収録)
“人が人を想う時、その時に奇跡は起こるんだ。”
恋に落ちた時の、あのトキメキ感や衝動を音にしたいと書いた曲。
人を想う気持ちは何より強い力を持っていて、その力が奇跡を起こすんだと僕は思う。
そんな尊い気持ちを大事にしてほしいというメッセージを込めました。


■ 最高のラブレター(BEST TRACKS / Tr.2収録)
母に贈った曲。 姉の1人目の子供が生まれた日。小さなベッドを家族皆が囲んでた。
その時に母が赤ん坊の小さな手を握り「あなたもこうだったんだよ。」と言ったんだ。
こんなにも愛に囲まれて僕が生まれてきた事を実感した。
女手一つで僕等3人兄弟を育てた母を尊敬している。
ずっと鍵っ子で寂しい思いも確かにしたけど、この愛に気付いた今は、ちっぽけな事に思えるよ。


redballoon
redballoon(村屋 光二)
■ トレジャーハンター(NEW TRACKS / Tr.3収録)
情報量が多く、あてもなく目標もなく生きている「今」を、あてのない砂漠を歩く旅人に例えて作った歌。
物質的にも精神的にもある程度手に入る「今」だけど、本当に大切なものはすごく小さな「もの」で、
いつもそこにあたりまえに輝いているもの。
エッジの効いたストーリー性のあるアップテンポなメッセージソング。


■ 夏の日の午後(NEW TRACKS / Tr.4収録)
全てを燃やして全てを捧げた良き思い出は、 あの夏の日の静かな午後、
優しいそよ風にフワフワ揺れるカーテンの様に心の中で淡く、いつまでも揺れて残っている。
4つ打ちのミドルテンポな曲調が「思い出」を映し出す。


■ ひよこ(BEST TRACKS / Tr.3収録)
自分の言いたい事、伝えたい事を素直に伝えられなくて、いつの間にか自分の目指す道すら分からなくなった。
目前の明日にさえ恐れて、何も失う事のない自分なのに怖くなって自分さえも疑った。
そんな君でもいい、君のペースで進んで行けばいいんだ! 前向きな「redballoon流」応援ソングです。
ちなみにタイトルの「ひよこ」は「ひよっこ」とかけています。


■ サスペンティッドライフ(BEST TRACKS / Tr.4収録)
サスペンティッド= ギターのコードで「吊り上げる」と言う意味があって、
「サスペンティッドライフ」の言葉の響きから僕自身が作り出した造語です。
今よりもワンランク上の生活。無理しないで、でも昨日よりも今日の自分を愛してほしいと願い作った曲です。


チビロク☆ジャンボ
チビロク☆ジャンボ(かん☆くん)
■ 僕の部屋(NEW TRACKS / Tr.5収録)
優しくなれたらいいな、ってゆー気持ちの変化があった時にできた曲です。
壁の内側へ招き入れるような。それはホントに難しい事なのだよね。


■ オアシスへ(NEW TRACKS / Tr.6収録)
みんなが思うだろうな的な気持ちを唄いました。僕もそう思います。聞いて下さい。
「オアシスへ」略して「オアシス」。


■ 青春スペシャル(BEST TRACKS / Tr.5収録)
当時の自分の中で「オラオラ系」です。ヘタな事しちゃって凹んでも、忘れた行っけー!みたいな。
だからライヴでギターを弾き間違えてもOK!・・みたいな (笑)。


■ ブリキのサーカス団(BEST TRACKS / Tr.6収録)
皮肉った曲です。でも楽しい曲。ノリノリです。何よりカッコイイです。
自分で言うのもなんですがカッコイイんです。


note
note(真田 修壱)
■ オフェンス(NEW TRACKS / Tr.7収録)
とても瞬発力がある歌で、note としての世界感がよく出ていると思います。
note はロックテイストが強いバンドなので楽曲のアレンジやメロディーなど、
この曲はこれからの俺らにとって、とても大切な1曲ですね。


■ カナリア(NEW TRACKS / Tr.8収録)
この曲はとても単純な構成でわかりやすいと思います。
スローテンポですが、「noteらしさ」ってやつがいい感じで表現出来て、とてもいい作品になりました。
note は「ライブっぽさ」を重点に置いたレコーディングスタイルなので、
CD聞いたらぜひライブに足を運んでみてください。


ONE EYED TROUSER SNAKE
ONE EYED TROUSER SNAKE(古久根 吉紀)
■ JUDAS KISS(BEST TRACKS / Tr.7収録)
この曲は新加入のDr. HIRAKAWAが叩くリズムをイメージして書いたんですが、
そのままワイルドかつテンポのある曲に仕上がりました。イントロダクションもイカスでしょ!


■ RANBLE ON(BEST TRACKS / Tr.8収録)
作曲過程ではサビ前のBメロから出来上がりました。
バンドでは新しい進行で、物悲しくサビにつながる辺りなどは制作当時は感動ものでした。
ONE EYED TROUSER SNAKE の新境地とも云えましょう。


スーパーストロングマシーン
スーパーストロングマシーン(新山 太郎)
■ 八丁橋の下で(NEW TRACKS / Tr.9収録)
仲間達と共に「泣き、笑い」過ごした。僕の心の支えは、かつてのそんな日々の様な気がします。
激しく変遷していく今の世の中にも、変わらないものはきっとあるだろう。


■ 粉雪の夜(NEW TRACKS / Tr.10収録)
孤独をテーマに、人の持つ「強さ、脆さ、はかなさ」を描く。
吸い込まれそうな粉雪の降る空を見上げて、得体の知れない不安を感じた。
人は、悩み、苦しみ、それでも生きていくのだろう。


← SPECIAL MENUにもどる



banner02.jpg
(C)2005 CAM MUSIC CREATION Inc.