in the city 2005 at 渋谷屋根裏
2005.11.08 part 1

今後、この「REPORT」のコーナーを担当する事になりました!
カムレコーズの活動や所属バンドの活動などを、 僕「今井大輔」の観点でレポートして行こうと思っています。 どうか楽しみにしていて下さい。
記念すべき第1回目のレポートは、 11月8日に東京で開催された「in the city」という大イベントに、 カムレコーズが「設立3周年記念」として参加したレーベルナイト。 会場は「渋谷屋根裏」です。
東京へ向けて、いざ出発! 朝から各バンドのメンバーもスタッフも興奮気味でした(笑)。

●1番目の出演「note」
**
リハーサルを終えたばかりのメンバー。本番に向けてミーティング中。 カメラを向けると、しっかりカメラ目線のボーカルのシュウ君(笑)!
18:00 ライヴ スタート。
いつもと変わらないアグレッシブなライヴを見せてくれた「note」。 そのステージングとシュウ君の歌声にはお客さんも惹きつけられていました。

●2番目の出演「チビロク☆ジャンボ 」
**
正式メンバーが、ボーカルのかん君1人になったチビロク☆ジャンボ。 1、2曲目は、かん君の弾き語り。個性的な歌声と歌詞の世界が広がる。 その後、Dr、Ba、Key のサポートメンバーがステージに登場。 バンドサウンドでも、しっかりとチビロクの世界が表現されていました。

●3番目の出演「スーパーストロングマシーン」
**
最近まで活動を休止していましたが、 来年の1月に発売されるシングルのレコーディングメンバーをサポートに迎え、 活動を再開したスーパーストロングマシーン。
ライヴ直前「何回ライヴをやっても緊張はしますよ。」と、 アコーディオンのイシゴリさん。 結成から何百本もライヴをして来ていても、やはり緊張するものなんですね。 ライヴは、メンバー5人が1曲1曲、魂込めて演奏する姿が印象的でした。

→part 2へ


←モドル